英語の扉

4歳5歳幼児の英検対策と勉強法。おすすめ教材はオンラインレッスン!

英検受験が低年齢化しています。

我が家が取り組んでいるパルキッズも、最終的な目標が「小学生のうちに準2級」です。

親側としては明確な目標が掲げられていると、どの程度のレベルが身につくのかが分かるので取り組み易いです。

 

「世界に通用する英語力を!」と言われても、人によってその内容は違いますからね。

そんな英語検定試験ですが、子ども用のテキストはまだ少ないのが現状。

その中でも取り組み易さなどが考えられたオンライン教材を紹介します!

※ 児童英検ではなく、英語検定試験の問題集の紹介記事です。

英検を受ける幼児が急増!受験対策はどうする?

未就学児の英検受験が増えていると聞いてこう思いました。

ふじめぐ
ふじめぐ
受験するってことは、試験の間ずっとちゃんとしていられるってことだよね…すごい!

単純に”試験を受けられる”という状態が凄いと思います。

親が離れていても、話さない、歩き回らないという試験会場では普通のことが出来るということが前提ですから、本当にすごい。

 

幼児における試験の対策の第一は、「試験に対応できるお行儀の良さがあるか」だと思います!

ふじめぐ
ふじめぐ
我が家はまだまだ無理ですね。落ち着きないですから…

ということで幼児特有の試験対策、なにがあるか確認しましょう。

 

試験の間、静かに座っていられるか

各級の試験にかかる時間はこちら。

1次試験
筆記/リスニング
2次試験
スピーキング
5級 25分/20分 計45分 オンライン3分
4級 35分/30分 計65分 オンライン4分
3級 50分/25分 計75分 面接5分
準2級 75分/25分 計100分 面接6分
2級 85分/25分 計110分 面接7分
準1級 90分/30分 計120分 面接8分
1級 100分/35分 計135分 面接10分

5級、4級のスピーキングはどこでも受験できるオンラインテストの方式です。

3級で筆記試験の時間が75分と1時間超えです。

これを未就学児が受験するというのはかなりハードルが高い気がします。

 

でもこの時間なくして合格はありませんから、椅子に座っているという練習が必要ですね。

ネット検索すると「落ち着きのない子供がいて集中できなかった」という声も見られます。

とにかく各級の試験の間、他の受験者の迷惑とならないようにいられるかが第一関門!

スポンサーリンク

試験官の指示が理解できるか。自分の気持ちを表現できるか。

試験が行われる部屋に保護者はいられません。

なので、一人でも試験官の話が理解出来たり、わからないことがあったら質問できるといいですね。

必要なことはあらかじめ話しておくのがいいですが、会場で一人になった時にどうなるかは…やってみないとわからないですよね。

試験の説明が理解できるだけでなく、「トイレに行きたい、気分が悪い」など自分のことを伝えられるようにしておくのも重要です。

気分が悪くなったのに言い出せず泣くだけだと、周りも困ってしまいます。

 

マークシートをきちんと塗れるか、必要事項を記入できるか

ほんとに初歩的なところですが、マークシートを綺麗に塗れるようにしておきましょう。

せっかく回答しても、機械が読み取ってくれないのはもったいない!

 

それと、テストの前に自分の名前や生年月日などの必要事項を記入する必要があります。

小さい枠に記入できるように練習が必要ですね。

受験地番号や個人番号などを指定された場所に書き込めるのもポイント。

個人番号とか、大変そう…

公式サイトにはサンプルがありますから、ダウンロードして練習しておきましょう!

 

幼児の英検対策問題集はオンラインがお勧め!

英検はマークシート方式なので、とりあえず書くことより、問題に回答する練習が出来るといいですね。

幼児の場合、書くという行為で疲れたりイヤになったりします。

我が家も公文の書き取りプリントは嫌がり教室をやめてしまいましたが、英語のオンラインレッスンは続けられています。

もちろん「やりたくなーい」という日もありますが、さっと終わるオンラインなら、タブレットをオンにして渡すとやってくれます。

ふじめぐ
ふじめぐ
幼児はオンラインでさっとできた方が、毎日積み重ねやすいし嫌になりにくいと確信!

ピンポーン!!と効果音などあればゲーム感覚で取り組んでくれますからね。

ネット環境があれば出来るというのは、親としても取り組ませやすくていいです。

 

ということで、英検の試験対策がオンラインで出来る教材を集めました!

スポンサーリンク

旺文社英検ネットドリル 5級・4級・3級・準2級・2級・準1級

英検合格のためのネット教材【旺文社 英検ネットドリル】

私も愛用してました、旺文社の英検試験対策問題集!

旺文社の問題集には定評がありますよね。

このネットドリルは「でる順パス単」「7日間予想問題ドリル」「過去問集」が収録されていて、基本学習から弱点克服までをカバーしてくれる優れものです。

1度購入すれば、1年間使い放題です。(申し込み翌日から1年間)

5級 7,560円
4級 8,640円
3級 9,720円
準2級 10,800円
2級 10,800円
準1級 12,960円

※価格は税込み

1年間使えてこの金額ならそれほど高くないかな。

月割りにすると630円から1,080円です。

学習の全てをオンラインで完結させます。

辞書や全国模試の機能はすごくいいなと思いますし、過去問も6回分利用できます。

ただし、漢字表記が多用されています!

「幼児向け」ではなく、幅広い年代向けということですね。

問題に慣れれば問題文が読めなくても何をするかは理解できると思います。

 

公式サイトに各級の体験版があるので、お試しください!

↓↓公式サイトはこちら↓↓

パルキッズ 英検対策教材 5級・4級・3級・準2級・2級

小学生のうちに英検2級の取得を掲げているパルキッズ。

もちろん英検対策教材もあります。

ふじめぐ
ふじめぐ
オンラインレッスンだけじゃなくて、ダウンロードでプリント学習が出来るようになっているよ!

やっぱり試験前になったら、本番と同じような条件で勉強できるのがいいですからダウンロードプリントがついているのはポイント高いですね!

しかも各級60枚分です。

オンラインレッスンも60レッスンと結構な量。

でも毎日やれば2か月で完了します。

2019/7/21まで 2019/7/22から
5級 9,500円 12,960円
4級 9,500円 12,960円
3級 12,960円 16,200円
準2級 12,960円 16,200円
2級 12,960円 16,200円

※価格は税込み。2019/7/22から値上げします。

 

こちらは購入してレッスン開始手続きをしてから6カ月です。

ふじめぐ
ふじめぐ
しかもこちらは幼児向け教材だけあって、日本語表記が一切ありません!

 

毎日10分程度の取り組みで英検に合格出来たら…楽すぎる!

 

私の紹介で優待価格で購入できます。こちらからお気軽にどうぞ。

 

まとめ アプリじゃなくてもOKなオンラインがおすすめ

小学生中学年以降になれば一般的な英検対策本でもOKだと思います。

でも幼児や小学校低学年の場合、文字を読むことや書くことで疲れてしまいイヤになることもあるようです。

オンラインレッスンならゲーム感覚で出来るし、弱点なども勝手に集計してくれたりと復習もしやすいので、親の管理も楽です。

これが紙媒体だと、なかなか簡単には行きませんよね。

アプリをダウンロードせずに利用できるので、デバイスを決めなくてもよいのがいいですね。

 

紹介した2つのオンラインレッスンでは、英検ネットドリルの方が1年間利用でき、価格も安く済むので導入しやすいですね。

日本語、しかも漢字表記というのがやや気になりますけど。

取り組み始めてすぐに合格しても、基礎固めに利用できそうですし何度でも受けられる全国模試で超上位ゲットにチャレンジするのも楽しそう。

何度でも受けられるなら家族みんなで競いあうというのもありかな?!



やっぱり「お金をかけたくない」なら、英検の公式HPの過去問を最大限活用して合格しちゃいましょう!!

ふじめぐ
ふじめぐ
娘は現在4歳。まだ試験をじっと受けるとか無理そう。小学校入る前に4級とか憧れるけど、本人がその気になってからにしようと思います!

いつになったらその気になるかな・・・

目標は小学生で英検準2級!

小学生で英検準2級の力がついちゃうという英語学習教材パルキッズ。

ふじめぐ
ふじめぐ
取り組みはシンプルで、ずぼらなワーママの私でも習慣化できたよ。

あまり意識してなかったけど1年経ったのね!

「週間化出来た」ことはかなり自信になるわ(私の)

まだまだ英検準2級には遠いですが、コツコツとゆるぎない力を積み重ねていきます!

 

パルキッズの効果を知りたい!我が娘の取り組み具合をまとめました。
1か月ごとの効果を見てみる

サンプルCD・7日間のオンライン付で習慣化できるか試せます。公式サイトから!
無料サンプルをもらう

「出来ればお得に買いたい…」よね!
お得に買えるかも!耳寄り情報をゲットする

ちなみに、私がパルキッズを選んだ理由はこちらの記事で詳しく書いてます。
教材選びの参考になればいいな。

パルキッズに決めた!子供用英語教材は親(ワーママ)の取り組み安さを重視。