家庭学習の扉

ひらがな練習におすすめの子供が飽きない練習プリント・教材とは

公文を辞めてから、ひらがなの読み書きから遠ざかりました。

こぐま会でプリント学習をしていますが、公文とこぐま会の頭の使い方は全く違います。

そもそも我が家は公文で国語しか受講していませんでしたら、当たり前ですね。

 

で、4月に公文から離れて5ヵ月ほど。

ふじめぐ
ふじめぐ
公文のときにマスターしたひらがなの書きが、危うくなってきている!

ということで、楽しんで書く練習ができないものかと物色し、なかなか順調に取り組めているもの他、おすすめ情報です。

ひらがなを書く練習が苦手な4歳。どうすれば?

公文に通っていた時からそうですが、我が子は「書き」を好かない傾向です。

プリントに書く欄が多くあると、取り組むことを嫌がりました。

書くのが面倒なのだと思います。

そうですよね、書く意味なんてわかりませんからね。

 

市販の練習帳は「練習」の要素が強く出ているので、あまり好まれないと判断。

ふじめぐ
ふじめぐ
どうしたら書くことが苦にならないかなぁ…

書く練習をさせたいのですが、書く練習ばかりじゃつまらないに決まっています。

大人でも同じですよね。

だから楽しく出来る方法で、気づいたら練習できていた!という流れが欲しいなぁと考えていました。

ネット検索をしていたところ、

 

遊び要素を取り入れつつ、さりげなく文字の練習が出来る

 

という素晴らしいアイテムを発見!

さっそく取り入れてみました。

ひらがな練習におすすめプリント・教材

ひらがなの練習用アプリなどもありますが、やっぱり手書き練習が出来た方が良いと思っています。

学校では鉛筆やそのほかの筆記用具で文字を書きますからね。

そこで無料で使えるおすすめのプリントをご紹介します。

スポンサーリンク

ぷりんときっず

有名無料学習プリントサイトです。

学習対象者は未就学児から小学校3年生まで。

早期教育に興味のある方ならご存じかと思います。

運営は一個人の方がされているようで、クオリティの高さに驚きです!

実際お子さんは運営者さんの自作プリントで小学校の成績は優秀だったそうです。

楽しく取り組めるプリント多数!

 

我が家は「ひらがな迷路」で迷路&ひらがなを番号順に並べて何が書いてあるか発見して楽しんでいます。

書きの練習だけならきっとやるとも言わないのですが、

朝学習用のプリントを用意していると「迷路する!」といってこのプリントをご指名してくれます。

ふじめぐ
ふじめぐ
公文をやめてから書く機会がほぼなくなってしまった娘には丁度よい量です!

ひらがな迷路が終わったら、練習したことのないカタカナにトライしてみる予定です。

ちびむすドリル

こちらも言わずと知れた有名サイト。

もともと個人で運営していたサイトだそうで、子育て中の母として尊敬してしまいます。

こちらの対象者は未就学児から中学生まで!長くお世話になりそうです。

 

ひらがなの練習プリントは、

  • ひらがなを書くことを目的としたもの
  • 数え方、季節の言葉などが学べるもの

と、書く内容がバラエティに富んでいてよいです。

体の部位は普段の会話ではあまり出てこない「つちふまず」や「くるぶし」が分かるようになります。

雲の種類なんかは、大人でも名前を知らない人が多いですよね。

ふじめぐ
ふじめぐ
写真部分が重要なので、これはカラー印刷しないといけませんね!

また、「書き順付き」「なぞり書き」など、子供のレベル別にサポートが選べます。

 

あのZ会とのコラボプリントがあります。とても楽しそう。

更新頻度も高く、今後ますます充実しそうです。

スポンサーリンク

市販教材ならきれいな字がかけるようになりそう

プリント教材よりきれいな字が書けるようになりそうなのが、市販の教材。

なかでも評価の高い下の二つが気になりました。

こちらは2019年9月時点でレビュー数が187と多く、しかも評価が

親がひらがなを美しく書かせようと指導するのは、なかなか至難の業。

ひらがなの書き方を面白く表現しているので、子供も楽しめるようです。

これはうまくなりそうなので、購入希望!

 

こちらはレビュー数11と少なめですが評価と高いです。

上の「なぞらずに~」より練習する枠が多い印象。

十分な筆圧(指の力)がついた子どもにはよさそうです。

がんばりシールを貼る欄があるので、ご褒美シールの効果がある子供に向いてますね。

我が子はご褒美シールの効果はなくなりました…

まとめ

公文でやっていた書く量を考えるとかなりリハビリ的な状況ですが、遊び要素(めいろ、しりとり)が娘に合っているようで、いまのところ書きへの苦手意識なく練習できています。

 

プリント学習は迷路やクイズ、しりとりなど、幼児が好む遊びに学習要素を少しいれるだけで、楽しんで取り組んでくれるようになるものですね!

公文からこぐま会に変えたときも、ただただ文字の読み書きをしていたものから、まったく違う傾向の問題になったので、新鮮な気持ちで取り組んでいました。

 

ふじめぐ
ふじめぐ
文字を書く練習は多くないけど、毎日数文字の積み重ねを小学校入学まで続けたら大きな違いになるはず!

 

今後も親がやってほしい物と子供が楽しめるプリント、合わせて3枚~5枚程度に毎日取り組み、勉強って楽しいんだなぁという雰囲気で学習が続けられそうです!

目標は小学生で英検準2級!
2020年6月末までキャッシュレス還元が適用されます!

小学生で英検準2級の力がついちゃうという英語学習教材パルキッズ。

ふじめぐ
ふじめぐ
取り組みはシンプルで、ずぼらなワーママの私でも習慣化できたよ。

あまり意識してなかったけど1年経ったのね!

「週間化出来た」ことはかなり自信になるわ(私の)

まだまだ英検準2級には遠いですが、コツコツとゆるぎない力を積み重ねていきます!

 

パルキッズの効果を知りたい!我が娘の取り組み具合をまとめました。
1か月ごとの効果を見てみる

サンプルCD・7日間のオンライン付で習慣化できるか試せます。公式サイトから!
無料サンプルをもらう

「出来ればお得に買いたい…」よね!
お得に買える!耳寄り情報をゲットする

ちなみに、私がパルキッズを選んだ理由はこちらの記事で詳しく書いてます。
教材選びの参考になればいいな。

パルキッズに決めた!子供用英語教材は親(ワーママ)の取り組み安さを重視。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です