体と心の扉

あまくない砂糖の話はほんとに甘くなかったって話

「あまくない砂糖の話」ってご存じですか?

オーストラリア発の砂糖に関するドキュメンタリー映画です。

私は先日友人に勧められてみました。

気軽に見られた理由はこちら。

ふじめぐ
ふじめぐ
プライム会員なら無料で見られるからね!

 

2014年製作。

日本では2016年に公開されたドキュメンタリーですが、現在の世の中の状態はあまり変わっていない…というかむしろひどくなっている?ので”内容が古いよ!”ということは感じません。

そして真面目な話ですが、ポップな印象に作ってあるのでさらっと見られます。

 

以前、レビューを書いたこの本でも、糖質制限(といっても厳しい物ではない)すると良いとのことだったのですが、このドキュメンタリー映画を見たら、まず自分からやろうと強く思えます。

読書レビュー:薬に頼らず子どもの多動・学習障害をなくす方法

あまくない砂糖の話はほんとに甘くなかったって話

まずはちらっと映画の内容をどうぞ。





予告編を最後まで見ると

だから、あなたは痩せなかった!

と出ますが、いや、痩せる以前にめちゃ不健康!と思ってしまいます。

シェイク1杯で砂糖34杯分(ティースプーン)。

ふじめぐ
ふじめぐ
怖い…

Amazonのレビューによると、監督・主演のデイモン・ガモーは”ケトジェニック信者”らしく、砂糖に対する見方は一般の人より厳しめかもしれません。

そのレビューでは彼は”アンチ砂糖派”と表現されています。

※ケトジェニックとは
砂糖、甘い果物全般、デンプンが豊富なもの全般を避け、各種ナッツ、生クリーム、バターの摂取を増やす。食べ物に含まれる脂肪分は、「長鎖中性脂肪」( Long-Chain Triglycerides, LCT )と呼ばれる分子で構成されるが、このLCTよりも短い炭素鎖からなる「中鎖中性脂肪」( Medium-Chain Triglycerides, MCT )は、ケトン体の産生量を増やすため、MCTが豊富なココナッツオイルを摂取する場合もある。脂肪の摂取比率を減らし、タンパク質の摂取を増やすケトン食もある。小児癲癇用のケトン食では、年齢と身長を考慮し、身体の成長と修復に必要な量のタンパク質を摂取する。
引用元:Wikipedia

ふじめぐ
ふじめぐ
まぁ信念があるからこその映画製作でしょうし、どんな作品にも作者視点でのバイアスはあるものかなと思います!

正直、極端な内容なのかもしれませんが、このぐらいのインパクトで丁度いいのかと思われます。

だってこの映画の場合、食生活を変えるほどのインパクトがないと意味ないですからね。

あまくない砂糖の話は何を実験した?

監督・主演を務めるデイモン・ガモーは実験前、砂糖抜きの生活をしていました。

これ、彼女の影響だそうですが、砂糖抜き生活で彼の体調はすこぶる良かったそうです。

※食生活は体質にもよりますから、一概に砂糖抜きが良いとも言えません。

 

そんな彼は、人間が1日で摂取している砂糖の量がティースプーン40杯分ということ、そして砂糖の影響があまり詳しく知られていないことを知り、どんな影響があるのかを自分のカラダで実験することに。

期間は60日間。2ヵ月ですね。

実験のルールは5つ
  • 1日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること
  • ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける
  • 低脂肪ヨーグルトやシリアル等の「実は砂糖が多い食品」から摂る
  • 必ず「低脂肪」の食品を選ぶこと
  • ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続けること

 

実験前と実験中の食事内容の変化はこちら。

http://amakunai-sugar.com/

 

http://amakunai-sugar.com/

 

当たり前なのですが…

ふじめぐ
ふじめぐ
私には実験中の食事のほうがめちゃめちゃ馴染みがあります…

実験中の食事は普通の人が、普通の生活で食べているもの。

しかも「ヘルシー!」とかうたわれている商品がいっぱいです。

ルールには「必ず低脂肪のものを選ぶこと」とありますからね。

それなのに、実験を重ねていくにつれガモーの顔色はどんどん悪くなり、体形にも変化が。

一番顕著な変化は、情緒。

砂糖による血糖値の変化に、気持ちが影響されてしまっているようです。

60日後、ガモーの身体に起こった変化は、具体的には以下のとおりです!

実験による体の変化
  1. 実験開始12日目の時点で、体重は3.2kg増加した
  2. 体重は、最終的に8.5kg増加した
  3. 体脂肪が7%増加した
  4. 腰回りが10cm膨らんだ
  5. 実験開始前よりも摂取エネルギーが2300kcal未満に減った期間があるが、それでも体重は増加した
  6. 血中の中性脂肪値が20(正常値)だったのが、倍の40(危険水域)にまで増加した
  7. 実験開始から18日目の時点で、脂肪肝の一歩手前にまでなるほど、内臓脂肪が増加した
  8. 医師から「(内臓脂肪が増えたのが原因で)糖尿病の初期症状」との診断を受けた
  9. 顔に吹き出物ができた
  10. 睡眠から目覚めると、砂糖が欲しくなる。食べても時間が経過すると、再び砂糖を食べたくなる
  11. 常に倦怠感があり、砂糖をいつでも欲するようになっ
  12. 脱力感が酷く、運動を続けるのがだるくなってきた

引用元:Wikipedia

こんなにも悪影響があるなんて…お砂糖怖い!!

逆にいま上記の症状で困っているなら、砂糖を控えてみると良くなるってことかもしれませんよ!!

スポンサーリンク

一番あまくない話、と思ったのは…

正直、とってもショッキングな映像でした。

幼いころから毎日マウンテンデューを飲み続けているという少年の歯の状態…

ふじめぐ
ふじめぐ
画像を載せるのを躊躇するほどの状態でした

ので、のせるの辞めました。

ご覧になりたい方はこちらからどうぞ!→IMDb That Suger Film

 

マウンテンデューのようなジュースを毎日飲むなんてありえない!

と思いますし、歯磨きをしていればこんなことにもならないんだろう、とも感じました。

が、たぶん日本でも私たちの身近にある子ども用飲料でも同じで、虫歯リスクはかなり高くなりそう。

あとは砂糖が体組織の働きを阻害して、歯や体をもろくしているのかなとも思います。

でも本当に怖いです。

とある部族の町にもガモーは取材に行きましたが、流通が発達して食事内容が近代化した途端、病気がちになった人が増えただけでなく、人工透析が必要な人も増えたとまとめられていました。

その町も一時期はコカ・コーラがバカ売れしていたようですから、美味しい飲み物には糖分がいっぱいなのが常なのでしょう。

まとめ 感想

ガモーが実演していた朝食用のジュース作り。

リンゴを普通に食べたら1つである程度の満足感が得られるのに、ジュースにすると1杯分で4個くらい使う上に同じような満足感は得られないと。

果汁100%と聞くとヘルシーな印象を受けますが、実はフルーツの糖分だから良いわけではないんですよね。

子ども用飲料なら考えられてるだろうと思っていましたが、そもそも飲ませることは控えた方がいいんだろうなと感じました。

 

子どもの食事、家族の食事をコントロールできる立場にいる人なら、変えられるところは少しずつでも変えた方が、将来的に健康になり、大病しにくく医療費の削減にもつながるかもしれません。

物心ついたときからダイエットを考えるのも辛いですし、砂糖によって感情がコントロールできなくなってしまうなんて困ります。

砂糖を一切取らないのは難しくても、ある程度減らすことは簡単です。

大人も子どもも、集中力にかける、落ち着きがない、情緒不安定だなど思い当たることがあるなら、この映画を参考に解決できるかもしれません!

私も気軽に糖分を取らないように気を付けていきます。

とりあえず、子どものおやつは捕食と考え、お菓子以外で選びたい!(いまのところ希望)

ふじめぐ
ふじめぐ
もちろん子供も。お誕生日やクリスマスなどのイベント、お友達と遊ぶなどあると難しいですけどね…

家族の糖分摂取のコントロール、積極的に頑張ろう!!!

ふじめぐ
ふじめぐ
プライム会員なら「あまくない砂糖の話」も「スーパーサイズミー」も無料で見られるよ

 

これまでの読み聞かせログ

3歳11カ月からログを取り始め、これまで記事にした月の一覧です。

3歳

6歳

6ヵ月
7ヵ月
8ヵ月
9ヵ月
10ヵ月
11ヵ月

我が家が取り組み中のおうち英語についてはこちらからどうぞ!

 

おススメ定期購読はこどものとも。

こどものとも年少版 復刻版50冊セット
\今すぐ使える500円割引あります/

人気のタイトル、”きんぎょがにげた”や”どうすればいいのかな”が含まれたセット。

厳選された絵本たち50冊ならお気に入りと出会えるはず!

定期購読もいいですよ!

こどものとも年少版

こちらも
\今すぐ使える500円割引あります/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です