生活力

お支度ボード導入で子供のやる気がアップ。4歳幼児でも使えるもの発見!

子どもが自発的に、やるべきことをやるようになってほしい。

と、思っている親御さん、多いですよね。

私もその一人です。

ふじめぐ
ふじめぐ
やることをやったらマグネットをひっくり返す便利グッズ、使いたいんだけど、なんかいいのないんだよなー。

と思い続けて早1年ほど。

先日出かけた先でちょうど良さそうなグッズを見つけたので、さっそく導入してみました!

お支度ボードとは

お支度ボードとは、毎日の生活でやること、習い事の練習などルーティンが書かれたボードです。

ふじめぐ
ふじめぐ
大人でいうところのTO DOリストですね!

 

やることが完了したらマグネットをひっくり返したり、「できた枠」に移動することで、「やっている・やっていない」が一目見てわかるようになります。

子供でも管理しやすいので、導入されているご家庭多数ですね。

 

ふじめぐ
ふじめぐ
これで子供の自発的な行動と自立心が促せるなら、試さない手はないよね!

スポンサーリンク

マグネット式のお支度ボード導入のきっかけ

かなり早い段階で、やることボードが欲しかった私。

でも、市販のボードはやることが保育園児にはあまり会いませんでした。

そしてまだ親の手を借りたい年ごろ(3-4歳)だったので、そのうち自作しようと思っていましたが中々手が回せず。

 

そして我が子は4歳6カ月を過ぎ、出来ることが増えてきました。

私がパルキッズのオンラインレッスンを忘れていたりすると、「今日やってないよ」と教えてくれたりするようになりました。

でも先日、毎日のオンラインレッスンをやっていないのに「やった」と言い張ったのです。

 

レッスン画面を開けば確認することは可能なのですが、こういった事態はできれば避けたい。

ふじめぐ
ふじめぐ
やりたくない日もある、というのはすっごくよくわかるけどね。

なので、自分で管理できるお支度ボードなどを使ったら、よりよい状態に持っていけるかなと思ったのです。

オンラインレッスンの件以外も、自分で出来る子が増えた我が子に”その先に進んでほしい!”と感じていました。

すると先日出先で、ちょうど良さそうなものを発見。

すぐに購入しましたよ!

100均手作り、アプリもあるけど我が家はこれ

幼児がいる家庭だと、市販のお支度ボードは内容が合わないことが多いですね。

なので私も100均などで材料を買ってきて手作りしようかなぁと思っていました。

ただ!

ふじめぐ
ふじめぐ
なかなか時間を取れないし、作ろうと思ったらこだわっちゃうんだよね…

と、自分のこだわり派の性格がネックで手を付けていませんでした。

 

アプリもありますが、まだ子供に携帯(というか私はipodですが)を使わせる機会は少ない方がよいと思っているので、アプリ利用は避けています。

 

そこで私が見つけたのはこちら。

マグネットに書いてある内容がかなりいい!!

朝、昼、夜と時間帯に分けて使えるのも、思いのほか使い勝手がいいです。

項目も使えるものが多く、アレンジはあまり必要ないです。

元々はこれがいいなと思っていたのですが、内容が合わず。

かわいいけど、残念。

そしてこのボリュームだと割高に感じてました。

 

こちらはもっと簡易版。キーホルダー式の小さ目なので、項目を「宿題・予習・音読」などにアレンジしてペンケースに入れてもいいですね。

我が家はまだまだ項目が多いのでお支度ボードがちょうどよいです!

スポンサーリンク

お支度ボード 我が家の使い方

購入したものについていた項目を、ほぼそのまま使っています。

「放課後」と小学生向けの項目だったものを「保育園」、裏は「休日」に変えました。

あとは空欄になっていたものに「としお(パルキッズプリスクーラー)」「アイキャンリード」と「トイレ×3つ」を付け加えました。

おはよう / トイレ / テレビ / あさごはん / はみがき / みじたく・きがえ / かおをあらう / あさがくしゅう
放課後 → 保育園 / 休日 とうこう / あそび / トイレ(昼寝前)/ かたづけ / おてつだい
よるごはん / としお / アイキャンリード / おふろ / はみがき / ねるじゅんび / トイレ / おやすみ

時間のシールが付属していますが、いまのところ「自分の出来ることをする」という感覚を持ってほしいので、もうちょっと保管しておくことにしました。

まとめ

導入直後なので、とってもやる気満々に取り組んでくれています。

今朝もしっかりと、ひとつ終わる毎にマグネットをひっくり返していました。

こんな感じです!

親もボードで何をやっていないかが把握できて、とっても便利です。

声の掛け方も

ふじめぐ
ふじめぐ
あと何が残ってるのー?

で、自分で確認するようになりました。

「テレビも見た」と言ってマグネットを終わったにしていたので、気になっていた視聴時間を短縮できるかもと期待しています。

 

まだ使っていないマグネットもあります。

これもゆくゆくは使いたいと思っています。

「塾」はいつになるかなぁ。

 

で、現在悩みが2つ。

ふじめぐ
ふじめぐ
リセットするタイミングがつかめない…

 

子どもが起きてくる前に、親がリセットしておくのが一番いいのでしょうか?

しばらく様子見して私のルーティンに組み込みたいと思います!

 

2つ目の悩みは

ふじめぐ
ふじめぐ
どこに設置しようか…

壁に吊るすのがいいと思うのですが、良い場所がないんですよね。

今は移動させて使っているので、定位置を決めるより移動できるのもいいのかなぁと思ったり。

ここもしばらく様子を見て、対応していく予定です。

定位置決めました!100円ショップのイーゼルにのせて机のわきに置いています。

 

おすすめです!

 

子ども用おすすめの鉛筆はこちら!

幼児用鉛筆のおすすめは、補助具やホルダーも充実のくもんの三角鉛筆! 公文教室に通い始めて、子ども(幼児3歳)に鉛筆を買いました。 あまり考えずに購入して、買換えに至りました。 その経緯...
これまでの読み聞かせログ

3歳11カ月からログを取り始め、これまで記事にした月の一覧です。

我が家が取り組み中のおうち英語についてはこちらからどうぞ!

 

おススメ定期購読はこどものとも。

こどものとも年少版 復刻版50冊セット

人気のタイトル、”きんぎょがにげた”や”どうすればいいのかな”が含まれたセット。

厳選された絵本たち50冊ならお気に入りと出会えるはず!

定期購読もいいですよ!

こどものとも年少版

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です